So-net無料ブログ作成

今更だけど、SR600Fujiの写真を。 [Brevet]

既に記憶が怪しくなってきていますが、のほほ~~んと見てやってください。

P1010282.jpg

スタート地点の高尾駅。
今になって思うに、ココに到着した時点で満腹中枢が満たされていたのかも。
モチロン、お腹が一杯って訳ではなく、「嗚呼、ここがSR600Fujiのスタート地点かー」って事。
スタート地点にして既に感動してたのか?


AM2:00スタートで一時間後には睡魔が戯れてくる。なんとか負けることなく進んでいたつもりだったけど、しっかりとオフコース。しかも上り。
PC1山伏峠に至る途中、缶コーヒーで暖を取ろうと自販機前でふと上空を見上げると、とてつもなく美しい星空だった。コーヒーを飲みながら「今度ジックリと星空を撮ってみよう。」と浸っていると、野生動物の雄叫びが聞こえ、さっさと先に進む。クワバラクワバラ


PC1 山伏峠
ん?写真が貼れてないですね。どうにもスマホからアップできないので。


IMG_0003-2.jpg

山伏峠のダウンヒル後辺りから明るくなってきた。
SR600のコントロールポイントは全て指定された「物」と「フレームプレートを付けた自転車」の写真を撮る事なので、カメラは生命線って事で、今回はパナソニックのGX1と以前紹介した後、お蔵入りとなっていたケンコーの防水超広角カメラとスマホ2台の合計4台。
ケンコーのはシャッターボタン押すだけなので自転車に乗りながらでも簡単に撮れる。でも、あまり褒められた行為では無いので自粛せねば。と、思いつつパチリw


IMG_0008.jpg

雲行き怪しい。
でも、雨は降らなかった。山伏峠までは前日の残りで路面は濡れていた。SR600は登りがシンドイと考えていたがダウンヒルが苦手な私にとっては雨の下りは超シンドイと思われる。


IMG_0009.jpg

ホラ、天気良いでしょう?
この撮影後、久しぶりの平坦路で気分良くなりブンブン回していたら、500mほどオフコースw
正規のルートに戻る時のガックリ感はタマランです。


IMG_0017-2.jpg

富岡製糸場で有名な富岡市。
予想よりお店があって驚いた。この辺りのカツ丼はソースカツ丼が普通らしく、食べてみたかったけどどこも開店前。製糸場の門前までは行ったけど、その写真はスマホで撮ったので・・・。


IMG_0018-2.jpg

妙義山?
あのイニシャルDの山?


IMG_0022-2.jpg

妙義山ではないけれどヒルクラ。
写真撮るには登りが良い。スピードでないので。しかしふらつく程の勾配だと危険極まりないか。


IMG_0024.jpg

快晴。
この後で釜飯で有名な、オギノヤで釜飯を頂く。
写真はスマホ・・・


P1010287.jpg

PC2 メガネ橋。
観光客が多くてちょいビックリ。
レンガ造りの美しくも力強い橋。


IMG_0028.jpg

メガネ橋からも地味な登りが延々と続く。
この辺りのローディーさんはシャイなのか、挨拶しない方ばかり。


P1010290.jpg

順番が怪しいけど、初群馬。
私が脚を踏み入れていない都道府県はこれで長野県を残すのみ。それもいつの間にか達成できていた。

※訂正 写真は長野と書かれていますね。既に群馬は通過していましたw


さて、続き。


IMG_0030.jpg

軽井沢。
周囲がブルジョワな雰囲気に変貌。


IMG_0036.jpg

草津を通過し、PC3の日本国道最高地点を目指しひたすら上る。
このケンコーのカメラはビックリするぐらいに逆光に弱い。それもまた味か。


IMG_0040.jpg

この辺りが殺生ヶ原。
風のない日などは有害ガス濃度の上昇を告げるブザー音とアナウンスが流れるらしい。残念ながら私は聞くことがなかったけれど、「危険な状態なので、とっとと進みなさいよ。」そんな内容らしい。ここまでで獲得標高3,000mぐらいなので急かされても・・・ねぇ。


IMG_0047.jpg

駐停車禁止。
どんなに辛くても脚着き禁止なんですね。スパルタなトレーニング。


IMG_0049.jpg

右半分レンズが曇ってしまった。


IMG_0053.jpg

シャッターボタンを押すだけで撮れた写真の確認をしないから気付くことなく、雄大な景色に興奮し必死に左手のみで撮影タイム。モチロン脚はクルクルと。


IMG_0059.jpg

クルクルじゃないな。
右膝が痛くて、ヒィヒィと泣いていたんだった。


IMG_0062.jpg

どうにか上っていくが、DNFを意識しはじめる。
PC3まで無事に到達できても宿を取っている上田市に至る前に上りはまだある。距離もある。
左膝の痛みは宿に着くまでに更に悪化するだろう。だったら上田市で私のSR600チャレンジは終了か?


IMG_0064.jpg

はるか先に並ぶ山々が自分と同じ高さにある。このときふと思ったのが、「3,000m級の山でキャンプしてみたいな。ついでに山伏峠で見たような、いや、それ以上の綺麗な星空を撮りたいな。」そんな事を考えた。現実逃避ってヤツか?


IMG_0065.jpg

そんな現実逃避を楽しんでいたら一気に気温低下で6℃まで下がっていた。まだ16時にすらなっていないのに。100m上昇すると気温は0.6度下がるので前もって予想していたのだけど、あまりにも急に下がった。実際には私が気付かなかっただけだろうけど。


P1010293.jpg

そんなこんなでPC3日本国道最高地点。
空は澄み渡っているが気温は低い。ついでに私のテンションも低い。ここでDNFを決意し、寒さで指が千切れそうなのを絶えながらのロングダウンヒル。そしてPC4近くの駅から上田市まで輪行しご宿泊。
翌朝は案の定、左膝が痛くてペダリングも駅構内の階段も辛かった。



前エントリーではDNFの最大の要因は無理なタイムスケジュールにあり。と書いていたが、英彦山サイクルタイムトライアルでケチョンケチョンな結果だったのを考えると、単純に体力が落ちていたのが一番の要因だったのかもしれない。猪突猛進を心情?としているのだから脚力の低下は致命傷なのか。

まぁ、来年こそは。来年こそは。


コメント(2) 

コメント 2

Cycle 86

美しい写真に引き摺られ楽しく読ませて頂きました! (^^)
何時か私も、、、と思ったけれど思い直しました。
Riccoさんが膝をやられるような上りは無理・・。

早々と来年再チャレンジ宣言!
更に素晴らしい写真を見れるかな?

それとも、走りに専念で写真抜き!?(Q_Q)↓
どちらにしても楽しみにしています!
by Cycle 86 (2015-10-12 16:29) 

坊主頭

Cycle 86さん、こんばんは。

どうにも最近は膝が泣き所の様でアカンです。
まとまった休日が取れれば来年リベンジします。
といっても無理はせずに、「のほほ~ん」で、行きますw
by 坊主頭 (2015-10-12 22:51) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。