So-net無料ブログ作成
ヒルクライム ブログトップ
前の10件 | -

英彦山強敵我陥落也 [ヒルクライム]

というわけで、今年の英彦山サイクルタイムトライアルはケチョンケチョンな結果となりました。

去年のタイムが50分23秒。

今年のタイムは55分09秒。

お疲れ様、自分。
お疲れ様、イタリア娘。



さて、来年に向けて反省。前回のエントリーといい、反省ばっかやな~w

① 昇れないブタは、ただのブタ。
  SR600Fujiと同じでやっぱりお太り様じゃアカンです。少しは絞りましょう。でも、数日前からの急な減量もいかがなものか。当たり前と言われればそれまでだけど、長期的にジックリと絞りつつ、脚力向上に努めるべき。

② イタリア娘(wilier zero,9)の整備不良。
ツッコミどころ満載な状態だった、我が愛妻。
一点目は、クランクに付いているペダリングモニターのセンサーの電池がよりにもよって大会当日に左右そろって天に召された。朝、最寄駅に向かおうと自宅を出ると左センサーがご臨終。「まぁ、右があるからいいや」と、モチベを落とさない為にも気にせず右センサーを左にコピペで事なきを得た。
が、しかし。
飯塚駅から大会会場に向かう途中でケイデンス表示が横棒に。そして、ワットの3秒平均がホールドされてる・・・これにて右センサーの電池もご臨終。と、思っていたのだけど、スタート後はちょいちょい表示されていたので、マグネット位置がずれたのかもしれない。

二点目は、無意味に錘を装備していた。
ライトやらテールライトやら、ブレベじゃないというのに。
いや、そんな物は微々たる物で、お腹の、いや、体全体をタップリと包み込む、例えるならばブタマンの白い部分のようにプニップニの脂肪こそが本命の錘か。

三点目は、SR600Fujiと同じでギア比がアウト。
ヒルクラ用ホイルについていたカセットは11-26T。28Tに変更するつもりだったけれど、「メンドクサイ」この一言により26Tのままで英彦山に来てしまった。


この三点から考えられる根本的な原因は、ヤル気が失せていたと言う事か。
なんだ、すこぶる簡単な理由じゃないか。
来年こそは50分は切りたいな。


コメント(2) 

え? 今日が雨やったっけ? [ヒルクライム]

今日は前日に決まった、鳥栖周辺ライド。
青ピナさん・ヘタレオヤジさんと私の3名の予定だったけど、余計な事に雨雲まで参加したからそりゃもー大変。
IMG_1780.JPG

河内TTの後でおっさん3名でだべっていたら雨雲が暴れ出して下山不可能。ヘタレ嫁様に迎えに来てもらいなんとか遭難する事なくJR&タクシーで自宅まで帰りつきました。

まーかなり散々なライドだったけど、河内TTのタイムが6分26秒strava調べだったので良しとしますかね?
特に速くはないけれど、タコばっかし食べてるナルなアホォよか速いので良しとしますかね?

苦情は受付ませんのであしからずw
コメント(8) 
共通テーマ:moblog

今週末は潮見にコネコ。 [ヒルクライム]

IMG_1771.JPG

土日共にあまり時間が確保出来なかったので、土曜日は潮見公園TT・日曜はコネコTTを楽しみましたよ。

で、現在ちょっとばかし、天狗さんになっとります。



続きを読む


コメント(5) 

中華カーボン、有終の美を飾れるか? [ヒルクライム]

ちょっと遅めのスタートで、

__.JPG

今年最後のTTを楽しみました。

続きを読む


コメント(2) 

苦戦部TTと鳥栖の暴れん坊達にヒィヒィ言わされました。 [ヒルクライム]

本日は晴天なり。
本日のお供はHC仕様の中華カーボン。

今日は鳥栖の皆さんに誘われて、「脊振~三瀬ランチなポタの集い」に参加した。
の、つもりだったのだけど・・・w
集合時間が遅めの9時で、ポタって話だったし、「苦戦部1本逝っとけよ」ってことだろうと勝手に解釈しトライ。

前回の苦戦部TTでは、喜ばしい事に2014年の目標を達成することが出来た。
でも、アルミリムホイールだったり、補給食の詰め合わせセット状態でパンパンに膨れ上がったバックポケットの影響で、少々息苦しかったりで、ツッコミどころ満載だった。
そこら辺を検討して再度のリベンジである。

__.JPG
さて、スタート。7:45ぐらいだったかな?寒いがWBは脱いでグローブもなしで。

前回同様で心拍数は控えめで。それにしても160bpmにすら、なかなか上がらずちょっと心配に。ところがもっと心配な事にいつもは11-28Tを使っているけど、この日は椿ヶ鼻と同じく11-26Tが付いている事に気づいた。
こりゃーアカン。三叉路前にしてすでに26Tを使っているので、三叉路のタイムが前回より悪ければ、即撤収と決めての三叉路のタイムは、23分4秒。(前回23分58秒)

驚きの54秒短縮。
これなら後半少々グロッキーになっても、42分は切れるじゃーないか。と気合が入る。
まぁすでにインナーローってのが不安で仕方がないけれど、成せば成るって強気で逝く事に。

残り2.5km辺りで心拍数165bpm。
良い塩梅。鼻水クンがコンニチワしてくるのがこのあたりのよう。

__.JPG
台風の爪跡なのか、ひどい有様。ダウンヒルで泣きそうになった。

残り1.5km辺りからは心拍数~170bpm。
この辺りからタイムが気になって仕方がない。
あわよくば40分切りか?って妄想しながら、落ち葉に気をつけてつつ、最後の砂ストレートでビビリつつ、ヘアピン曲がってのスプリント!

タイムは後半17分17秒で、合計40分21秒。

__.JPG
前回から2分7秒短縮の文句なしの自己ベスト更新である。
よくやった自分。愛してるよ中華カーボンw

こうなると英彦山もリベンジしたいのだけど、流石に明日はいつもの絶賛筋肉痛中の予定だし・・・様子を見て、そのうちに。


さて、本来メインイベントのはずの、鳥栖の暴れん坊さん達とのポタリングなんだけども、詳細は他の方々のブログ参照という事で、私は手短めにw

__.JPG
集合場所。コーヒー美味です。缶コーヒーだけど。

__.JPG
kakaさんのTIME。
ウィリエール購入前までは、カーボンフレームといば、LOOKかTIMEって思っていたので羨ましい。

__.JPG
青ピナさんのPINARELLO。
いつかは有名メーカーのホイールを履きたい。いつになるのか怪しいが。

__.JPG
ヘタレオヤジさんのキャノーラ油。
相変わらず素敵な軽量ツール缶。単に蓋が無いだけなんだけど。

__.JPG
romanさんのCOLNAGO。
阿蘇方面に行かれる予定だったのに、可愛そうにヘタレオヤジさんの餌食にw
それにしてもカッコイイバイク。フレームといい、ホイールといい、コンポといい。
まぁ40にもなればお世辞の一つも言えるって話で・・・。


私も含めた5名でスタート。
山ばかりのルートなので、まぁ大変。
2グループに割れて程なくして私がグロッキー。次にromanさんも。
WBを脱ぎ捨てて饅頭休憩。

__.JPG
私のは変な人形が食べやがりましたが。

__.JPG
裏脊振でヒーハー言わされて、イヤ自分で言いに逝った?
頂上でローディさんと話してたら、アレヨアレヨと増えて、総勢9名に。
A吉さん、年齢不詳さん、MONさん、FELT乗りさん、またお会いできましたらヨロシクです。
しっかし、LOOK695ええなぁー。

その後は表に下山して三瀬でパンランチ。

美味しいパンを食べたのだけど写真撮り忘れで、給水タンクで。
__.JPG
ご一緒してくださった方々、お会いした方々どうもさんでした。またヨロシクです!
コメント(4) 

第1回 椿ヶ鼻ヒルクライムレース [ヒルクライム]

本日、日田市で記念すべき第1回目を迎えた、ヒルクライムレース。

誰が呼んだか、台風19号がやって来て、ゴール地点が1km手前に変更になり、ちょいと楽にw
といっても、鼻水ダラダラでなんともしんどかったのですが・・・

__.JPG
クラス2位表彰台に輝いたヘタレオヤジさんのコルナゴと。
このフレームはいくらするんやろ?中華の15本分ぐらい?
ホイールは8セットぶんくらい?
次回、コソッと交換しとくかw


__.JPG
福岡への帰路で、日田といえば天領水とこれやない?って事で、想夫恋へ。
はじめての想夫恋の完走は、???ってなカンジ。
プライスといい、麺といい。


タイム 39分25秒
コメント(2) 

夢に中西さんちのサザエ丼が出てきまして。 [ヒルクライム]

明日は椿ヶ鼻HCなんだけども、サザエ丼と潮見公園TTを堪能してきました。


まずは潮見公園TT。
2014年の目標はすでに達成しているけれど、最近やたらと体重が落ちているので、チャンスじゃなかろーかと思いまして。
作戦はいつものように、猪突猛進。といいつつ、心拍170bpm以内で記念碑手前からはスプリントって妄想で。
ケイデンス低めでグイグイ上って、短い下り区間はしっかりとスピードを出して駆け下りる。
そんなイメージでゴール。モチロン、スプリントは妄想に終わったw

で、タイムは 8分8秒 (3:58・1:40・2:30)で、文句無しの自己ベスト更新!

オメデトウ自分。 アリガトウ中華。

__.JPG
中華にはあと何回乗れるのだろう?
苦戦部にも、もう一度逝っておきたいし。


__.JPG
そして夢に出た、中西さんちのサザエ丼。美味い。
でも次は親子丼とかも食べてみたいな。


コメント(0) 

寒くなる前にコネコTT。 [ヒルクライム]

今日のお供はHC仕様の中華。11-26T
自己ベスト12分32秒 2014年目標12分30秒

すでにアサイチは冷えるので、今日は9時スタート。
長谷川ダムとか上りはちょいと頑張るけれど、基本LSDなペースでノンビリとコネコのスタート地点へ。

今回の作戦は、ケイデンス70~80rpm以上キープで、心拍数は170bpm目標。13コーナー通過後に余力があるなら最後のひとふんばりでゴールというイメージで。

さて、スタート。
今回はクリートはめた状態でスタート地点の電柱に手を付き、スタート後にすぐラップボタンプッシュ。
これでクリート装着の数秒を稼げるって腹黒い考えなんだけども・・・。

スタート後すぐに現れる、今日のモチベーションを決めるというか、判ってしまうストレートの坂をグイグイと上って行く。
と、思いきや脚が重い。あーこれは今日は無理だなとアッサリと反転→撤収となった。

いや~我ながら、情けない。
モチベ低いにも程があるわっ!と自分自身に罵声を浴びせながら、ブログに書く言い訳を考えながらトボトボと。

「脚の調子が悪かったから、明日のブルベの為に脚を残しておきました。」

まぁ、こんな感じで概ねいいんじゃね?と思ってみたりしつつも、やっぱり1本ぐらいはトライすべきだと思い直して。



再度のスタート地点。

本日2本目のコネコTT。モチロン1本目はDNFだけど。

2本目のストレート坂は23Tでケイデンス70rpm以上で乗り切り、「アレ?逝けちゃうんじゃ?」といった感想。

その後はケイデンスを意識しつつ、19・21・23Tを多用しつつ、たまに17Tを。なかなか悪くないテンポで上がれているので8コーナーの中間計測が楽しみだったのだけど・・・

中間計測 6分13秒 自己ベスト6分9秒

うーん。残念な事に4秒も遅い。クリートミスってもないのに。

それでも前回のように後半バテバテでなければ、トータル3秒ぐらいならなんとかなると思い諦めずに踏む。

ところが前回同様、10→11コーナーへのストレートでケイデンスの低下でリーサルウェポンの26Tを使用。

その後はそれなりに21・23Tも使いつつ、13コーナー立ち上がった辺りでタイムを見てみるとなんとも微妙なタイム。

心拍数はかなり高く、脚もアップアップ。すでに辛いのだけどゴール地点の標識が見えた辺りから、心拍180狙いのラストスパート!汗なのか鼻水なのか(タブン後者・・・)そんなものは気にもせずに、タイムも一切見ずに、ゴールと共にラップボタンをプッシュ。

そして気になるタイムは 6分15秒。

合計 12分28秒で見事に2014年の目標達成である。アメデトウ自分。

とはいえ、僅差すぎるだろうと不安になり、PCでガーミンコネクトのタイムを見ると、合計で12:29.1との事。
0.9秒とかあまりにギリギリすぎるw

まぁ、目標達成には間違い無いので、今年は明日に控えるブルベ200Kをやっつけると一安心。
あ、来週末は日田の椿ヶ鼻HCがあったか。目標タイムが無いから萌えないなぁ。あ、燃えないな。

コメント(0) 

2014 英彦山サイクルタイムトライアル [ヒルクライム]

英彦山は出羽の羽黒山、熊野の大峰山と並び日本三大修験道の霊場。

私にとって、ヒルクライムは人との闘いでは無く、過去の自分を打ち負かす、自分自身との闘い。まさに修行。

上位に位置する方々は十分に人との闘いのようだけど、私にゃ縁がない世界w

で、今年の修行はどうっだったかといいますと・・・



えーと。
まずはスタートでクリートが嵌らんw
スタートラインを通過する前には嵌ったけど、私の後ろに位置していた方々、申し訳ない。
スタートライン通過後は、スルスルッと前走者をパスしつつ心拍数をチェック。今回は終始170bpmを目安にしていて、丁度良い塩梅で推移している。試走とは違って脚の重さは感じず、心拍も上がってる。「今日は間違いなく俺の日だっ!」とイケイケモードに。

戸立峠ピーク通過タイム 13分43秒
試走では16分27秒だったので、2分40秒の短縮に成功。
俄然、気合が入る。
このタイム短縮の理由として考えられる事は多々あるけれど、やっぱり周囲に他の参加者がいるってのが大きいと思う。
そこかしこから飛んでくる、添田町の皆さんの声援も大きい。特に終盤の一番辛い時の声援はタマランです。声援をくれた皆さんアリガトウ。

トイレ前通過タイム 18分54秒
試走では21分8秒だったので、2分14秒の短縮に成功。
これで合計4分54秒の短縮になるので、ゴールまでに34秒短縮で50分切れる。
正直、50分切りの目標は達成できると思った。でも、無理だった。
戸立峠の下りはブンブン回して・・・いや速い前走者にくっついていたかなwその後の平坦区間もえげつない走りをしつつ、体力温存に努めていたのだけど、やはり残り3㎞ぐらいから上がりすぎた心拍数がナカナカ落ちずに難儀した。難儀といえば鼻水がどうにも邪魔でヤバイ。
残り1㎞で46分だったので、「これは無理か?」と思いつつも弱気に負けるなと奮起しつつも、残り500mで48分を越えていたのでやっぱり弱気に。
「それでも負けん!」と頑張るものの一番ギャラリーの多かった100m地点で右足が自分の意志とは反してピクピクと。

そんなわけで、今年のタイムは50分23秒。
悔しい。かなーり悔しい。
体調は良かった。機材のトラブルも無かった。少々ハイペースだったか?とも思うけれど、最後は超ヘロッヘロだったので、自分の力を出し切っただろうし悔いはない。いや、悔しいかw
この悔しさをバネに、来年はウリエールと共にスーパーブレイクスルーといきたいトコロ。ってか逝ってみせる!



英彦山サイクルタイムトライアルの関係者・近隣住民・参加者・その他皆様のおかげで、とっても楽しい休日を過ごすことが出来ました。
また来年も宜しくお願いします。


あ、写真撮ってたのを忘れてた。

__.JPG

__.JPG

__.JPG

__.JPG

__.JPG

__.JPG

__.JPG


コメント(4) 

英彦山サイクルタイムトライアルに向けて。 [ヒルクライム]

明日は待ちに待った、英彦山修行日ですね。
各個人、去年の自分・目標タイムを越えれるように奮起するとしましょう。
私は50分を切りたいのだけど、先週の試走では55分28秒だったので・・・まぁ諦めずに頑張りますよ。


来年の自分へのメモとして

柚須駅6:19発→飯塚駅6:57着

持ち物・装備品リスト
〇車体
GARMIN 500
CAT EYE volt300 Fライト
IPF LED X-TAIL Mタイプ Rライト

〇ブルベ用バッグ
出場許可通知表
背面ゼッケン
ヘルメット用ゼッケン(2枚)
輪行袋
携帯ツール
グリコ クエン酸&BCAA
塩タブレット
アミノバイタル
アミノプロテイン
QUICK SHOT (瞬間パンク修理剤)
目薬


さーて、無事に会場に到着するんかな?
コメント(0) 
前の10件 | - ヒルクライム ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。